シンプルな音階練習ではありますが、左手のフォームを作る練習にもなります。


01:指の向きや手首の位置、角度に気を配って練習することで、合理的な指使いが得られます。
02:練習を続けることで、ハイ・ポジションでの演奏、コード・フォームも安定してきます。

03:音量、音色、右手のポジション等にも気を使いましょう。

Staccato

スタッカート

音を短く切る練習方法です。
歯切れの良いリズム、メロディやフレーズが得られます。

 

開放弦は親指以外の4指を使って全弦にフタをするようにミュート(消音)します。

弦を押さえている場合は、ミュートの状態から、弾くタイミングに合わせて押さえ、すぐにまたミュートの状態に戻します。

A Major Scale

イ長調

1弦開放(0フレット)A音から1オクターブ上のA音12フレットまで
左手親指は4フレット裏くらいに固定で弾けるようになりましょう。
運指(指使い)を守りましょう。

相対音階でレ・ミ・ファ(実音でB・C#・D)に当たるところはを123指、

ソ・ラ・シ・ド(実音でE・F#・G#・A)は1234指で弾きましょう。

Bb Major Scale

変ロ長調

1弦1フレットBb音から1オクターブ上のBb音13フレットまで
左手親指は4フレット裏くらいに固定で弾けるようになりましょう。
運指(指使い)を守りましょう。
A Major Scaleの半音(1フレット)上げになります。

 

A Major Scale 同様、相対音階でレ・ミ・ファ(実音でC・D・Eb)に当たるところはを123指、

ソ・ラ・シ・ド(実音でF・G・A・Bb)は1234指で弾きましょう。

C Major Scale 2 Octaves

ハ長調2オクターブ

2オクターブの練習
運指に注意しましょう。

 

2オクターブ目、1弦上3〜15フレットでメジャー・スケールを弾くとき

A Major Scale 同様、レ・ミ・ファ(D・E・F)に当たるところはを123指、

ソ・ラ・シ・ド(G・A・B・C)は1234指で弾きましょう。

Eb - A Major Scale

メジャー・スケールを使っての練習方法

同じフォームでEb から A メジャー・スケールまで弾く練習です。
相対音階でレ・ミ・ファに当たるところはを123指、ソ・ラ・シ・ドは1234指で弾きましょう。

 

01:8分音符

02:Swing

03:スタッカード

04:スタッカートでSwing

動画では8分音符だけになっていますが

4種類の方法で繰り返し練習しましょう。

Please reload